【簡単!英語で道案内】シンプルに伝わる英会話フレーズ(フリガナ付き)

英語ワンフレーズ初心者

簡単フレーズ【英語で道案内】
POINT

  • 英語初心者でもできる!簡単な英語で道案内する方法
  • シンプルに伝わるフレーズ(フリガナ付き)

投稿者:sakura

観光で日本に訪れる海外の人が増え、歩いていると外国人から道をたずねられることも増えてきました。だけど英語が話せないから少しも助けてあげられなかった、と悔しい思いをしたことがある人も多いのではないでしょうか?

この記事ではそんな「英語初心者だけど困っている人は助けてあげたい!」という方のために、英語がほとんど話せなくてもちゃんと伝えられるようできるだけ簡単な英会話フレーズを使った道案内の方法をご紹介します!

【簡単!英語で道案内】シンプルに伝わる英会話フレーズ(フリガナ付き)

道に迷った外国人女性2人

道に迷っている外国人に声をかけられる場合、以下のように声をかけられることがほとんど。

  • Where is 〇〇?(〇〇はどこですか?)
  • How can I get to 〇〇?(どうすれば〇〇へ行けますか?)
  • I’m lost.(道に迷いました。)

たいていは駅名や場所の名前を言っているはずなので、なんとなく「道をたずねられているんだろうな」と思ったら道案内スタート!

目的地を知っている場合

あなたがその目的地を知っていた場合、まず最初にあなたが使う英語はこの一言!

OK!
オゥケィ!

笑顔で愛想よく言いましょう。間違っても「オッケー!♬」と言ってはいけません、ローラかと思われてしまいます。

目的地が近い

近場の場合、以下のような単語を組み合わせれば簡単に道を説明できます。

  • This way(ディス ウェイ) = この道
  • Go straight(ゴゥ ストレイト) = 真っ直ぐ進む
  • Turn right/left(ターン ライト/レフト) = 右(左)に曲がる
  • Two blocks(トゥー ブロックス) = 2区画
  • Five minutes(ファイブ ミニッツ) = 5分

Go straight this way, and turn right at McDonald’s.
ゴゥストレイト ディスウェイ、エンド ターンライタット マックダーナゥズ

この道を真っ直ぐ行って、マクドナルドのところで右に曲がります。

Go straight about 5 minutes / 2 blocks.
ゴゥストレイト アバウト ファイブミニッツ/トゥーブロックス

5分(2区画)くらい真っ直ぐ進みます。

英語で道を説明するとき、海外では「Two blocks = 2区画」というような表現がよく使われます。

海外の街は碁盤の目のように区切られていることが多いためこのように言われますが、日本でも都市部だとこういった言い方の方が分かりやすい場合も。

少し遠い場合

Ask someone again when you get there.
アスク サムワンナゲイン ウェニュー ゲッゼアー

そこに着いたらもう一度誰かに聞いてください。

距離がある場合は細かく説明するのは日本語でも難しいですよね。それに相手も細かく言われ過ぎると覚えられません。

そんなときは軽く方向や道筋を説明して、向こうの方でもう一度誰かに道を聞いてもらった方が分かりやすいことが多いです。

You need to get a train or taxi.
ユーニートゥ ゲラ チョレイン オア タクスィー

電車かタクシーに乗る必要があります。

徒歩では行けない場所を示されたときはこのように伝え、最寄りの駅やタクシーが拾いやすいところを教えてあげるのがいいでしょう。

目的地を知らない場合

目的地を知らなかった場合は、状況によってどうすべきかが変わってきます。例えば駅で「このあたりにコインロッカーありますか?」とたずねられたくらいなら、

Sorry, I’m not sure.
ソーリー、アイムナッショアー

すいません、ちょっと分からないです。

でいいですよね。駅なら他にも人がたくさんいるはずなので、またすぐ違う誰かに聞くでしょう。

ですが周りにほとんど人がいなかったり、ものすごく困ってるような雰囲気ならもうちょっと助けてあげたいところです。

One moment, let me google it for you.
ワンモゥメント、レッミー グーグレッ フォーユー

ちょっと待ってください、グーグル検索してみますね。

言ってることは理解できたけど、それについてあまり詳しくないという場合はよくあります。

そんなときはスマホでググってあげましょう。日本にいる海外の観光客はWi-Fiでないとスマホが使えない状態の人も多いので、調べてあげると喜ばれるかもしれません。

I’ll ask someone else for you.
アイルアスク サムワンエルス フォーユー

誰かに聞いてあげるよ。

周りの人を巻き込んでみると人助けの輪が広がって和やかな雰囲気になるかもしれません。

助けてあげられない場合

I wish I could help you, I’m really sorry.
アイウィッシュ アイクッド ヘルプユー、アイム リアリー ソーリー

助けてあげられればよかったんだけど、本当にごめんね。

分からないのに頑張って理解しようとし過ぎることは、ときに手助けどころか相手の時間を奪ってしまうだけで逆効果になることもあります。

そんなときは「これは自分じゃ無理だな」とすぐ判断して、近くにいる誰かに任せる、もしくは「助けてあげたかったんだけど、本当にごめんね」と伝える。その方が相手も時間を無駄にせずに済みます。時には諦めも大切。

I’m really in a harry, sorry!
アイム リアリー インナハリー、ソーリー

本当に急いでるの、ごめんね!

足早に過ぎ去りながらも「急いでなければ助けてあげたかったのよ」感を出すのがポイント。本当に急いでるときは仕方ありません、他の誰かに任せましょう。

聞き返すフレーズ

相手が言ったことを聞き取れず、もう一度言ってもらいたいときのフレーズです。

sorry?
ソーリー?

すいません?

Excuse me?
エクスキューズミー?

すいません?

Pardon?
パードゥン?

もう一度お願いできますか?

聞き返すフレーズとしてよく使われるのがこういったもの。何回も同じフレーズで聞き返すとすごくバカっぽく聞こえるのでバリエーションを確保しましょう。

簡単な英語で道案内してみよう

笑顔が綺麗な海外の女性

困っている人がいたら助けてあげたいですよね。

道案内は簡単な英語でできることが多いので、困っていそうな人がいたら声をかけてあげると喜ばれるかもしれません。それに上手くいかなくても親切心はきっと伝わりますよ^^

そして道案内をしたら、最後は笑顔でこう言って颯爽と去りましょう!

Have a nice trip!
ハブア ナイストリップ!

よい旅を!

NOTE

道案内ならオンライン英会話で練習するのがおすすめ!

道案内を想定したトピック教材もあります。英語は一人で勉強するよりも「会話」をすることで効率良く覚えられるので、自宅にいながら格安価格で利用できるオンライン英会話を試してみてはいかがでしょうか。

【初心者におすすめ!】コスパが良く安心できるオンライン英会話比較ランキングTOP6


Posted by eigo-talk.com