オンライン英会話口コミ体験談

口コミ体験談投稿者:ウエストさん(20代男性)

レアジョブを長く続けてきて気づいた感想

私はレアジョブ英会話でレッスンをかれこれ一年半以上ほとんど毎日欠かさずに続けてきました。

今回は、一年半以上レアジョブ英会話を続けてきて、一年半前と今とで変わった、改善されたサービスやシステムについて、気づいた事や感想を紹介したいと思います。

昔に比べかなり改善されているサービス

私が、レアジョブ英会話で変わったと気づいたことは大きく分けて2つあります。それはレッスン教材の多様化とメールサービスの改善です。

まず、レッスン教材についてです。

1・レッスン教材について

レアジョブ英会話にはレッスン教材として、ディスカッション、文法、発音、TOEIC、ビジネス、トラベル英会話など様々な教材を選んでレッスンを受講することができます。

これらのレッスン教材は一年半前から、レアジョブ英会話で提供されていたのですが、レッスン教材の種類がかなり増えたと思います。

それぞれのレッスン教材の内容がかなり細分化されてきたと思います。

例えば、私の記憶ではTOEICの教材は上級と初級の2つしか種類がなかったのですが今は、TOEIC中級、初級に加えて、TOEIC600点対策などというレッスン教材も追加されていて、一年半前よりかなり教材が細分化され、種類が増えたと思います。

2・ボイスレコードの提供

そして私が最も変わったと感じたことは、いくつかのレッスン教材に本文を読み上げたボイスのデータが提供されるようになったことです。

レッスンの本文に入る前に事前にボイスレコードを聴いて、レッスンに入ることができます。

例えば、私は主にDaily News Articleをレアジョブ英会話で活用しているのですが、レッスン教材の本文を読み上げたボイスレコードが半年くらい前から提供されるようになりました。

Daily News Articleでは、毎日更新されるニュースについてフィリピン人講師とともに意見をディスカッションします。

このとき、教材の本文にはまれに難しい英単語が含まれています。ニュース記事なので、人名や地名、医療の専門用語など初めて見る英単語が本文に入っていることが多くあります。

これらの単語は日本人の私にとっては発音が難しく、ボイスレコーダーが提供される前まではDaily News Articleの本文の音読にかなり苦労していました。

しかし、ボイスレコーダーが事前にレアジョブ英会話で提供されるようになり、事前に記事に目を通して難しい人名、専門用語があった場合には、ボイスレコーダーを聞いて、発音を確認することができるようになりました。

本文をつかえずにスムーズに読むことができると、レッスン時間が節約でき、また気持ちよくレッスンを行うことができるようになります。

Daily News Articleの本文を読み上げたボイスレコードの提供は私にとってかなり大きな変化でした。

3・メールサービスの改善

もう一つはメールサービスの改善です。

レアジョブ英会話ではレッスン前に講師が変更になることや、スカイプがつながらないというトラブルが時々発生します。

この場合登録していたメールアドレスにレアジョブ英会話からメールが届くのですがこのサービスが一年半前から改善されたと思います。

例えば、レアジョブ英会話で講師が急に変更になったときについてです。

一年半前はレアジョブ英会話からの確認メールがレッスンのほんの数分前に送られてきました。

しかし、最近ではフィリピン人講師が急に変更になると確認のメールが5分から15分くらい前には届く用意なりました。

そして、レッスンでスカイプがつながらないときはすぐにレアジョブ英会話からメールが届きます。

一年半前はスカイプがつながらないときにこちらから、ホームページにアクセスをして代わりのレッスンチケットをもらわなければいけなかったのですが今はすぐにメールが届き、とてもスムーズに手続きが行えます。

感想まとめ

以上3点が私が一年半近くレアジョブ英会話でレッスンを受講してきて気づいた変化でした。

現在は一年半前と比べてかなりサービスが向上したように感じます。