【文法の勉強ができる!】おすすめオンライン英会話比較ランキングTOP4

2018年9月26日オンライン英会話比較ランキング文法

【文法を学ぶ】おすすめオンライン英会話比較ランキング
POINT

  • 文法の勉強ができるおすすめのオンライン英会話スクールを紹介!

オンライン英会話スクールの教材には色んな種類がありますが、その中に「文法教材」というものがあります。

文法教材があるオンライン英会話スクールはたくさんありますが、この記事ではその中から文法を学ぶのにおすすめのオンライン英会話スクールを厳選して比較ランキング形式でご紹介しつつ、「オンライン英会話で文法の勉強はできるのか?」といった点にも触れていきたいと思います。

【文法の勉強ができる!】おすすめオンライン英会話比較ランキング

レアジョブ英会話

レアジョブ英会話
おすすめ度 ★★★★★
月額料金 月8回コース:4,200円(税別)
毎日25分コース:5,800円(税別)
講師の国籍 フィリピン人講師
営業時間 6:00~25:00
予約 5分前まで|キャンセル:30分前まで
無料体験 25分×2回

レアジョブは講師数が多く予約が取りやすい大手オンライン英会話。講師の教育も比較的行き届いており教材やレッスンのクオリティが高いため、しっかりと成長を実感できるおすすめスクールです。※レアジョブの文法教材サンプル
月に8回コースが用意されているレアジョブは「週2回ペースで受講したい」という人に向いています。毎日25分コースも他のオンライン英会話スクールに比べて格安価格なので、安いスクールの中でも質を重視したいという場合はレアジョブがおすすめ。

DMM英会話

DMM英会話
おすすめ度 ★★★★☆
月額料金 毎日25分コース:6,480円(税込)
プラスネイティブプラン:15,800円(税込)
講師の国籍 多国籍・ネイティブ講師
営業時間 24時間
予約 15分前まで|キャンセル:30分前まで
無料体験 25分×2回

TVCMでもおなじみの大手オンライン英会話スクールDMM英会話。料金が安く講師数も多いので予約も取りやすいおすすめスクールです。※DMM英会話の文法教材サンプル
講師は多国籍でネイティブ講師も在籍していますが、ネイティブ講師のレッスンを受けるためには別の料金プランへの加入が必要。会員でなくても見ることができるDMM英会話 英語でなんてuKnow?というQ&Aサイトは必見。「これって英語でなんて言うの?」が解決する素晴らしいサイトになっています。

ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプ
おすすめ度 ★★★★☆
月額料金 受け放題コース:5,950円(税込)
講師の国籍 多国籍・ネイティブ講師
営業時間 24時間 ※月曜日メンテナンスAM2:00~AM6:00
予約 不要|キャンセル:ー
無料体験 7日間回数無制限※要クレジットカード

ネイティブキャンプは驚きの【レッスン受け放題】。毎日数回のレッスンを受講することもできるため、受講すればするほどレッスン単価は信じられないほど安い価格になります。ただ、逆に講師を予約する際に料金がかかってしまうため、気に入った講師を予約してレッスンを受けたいという人にはあまりおすすめできません。※ネイティブキャンプの文法教材サンプル
講師は多国籍。ネイティブ講師も在籍していて、運よくネイティブ講師の枠が空いていれば追加料金なしでレッスンも受けることができます。

Worldtalk(ワールドトーク)

ワールドトーク
おすすめ度 ★★★☆☆
月額料金 3,000ポイント:3,000円(税別)〜※受講可能回数3〜11回(講師による)
有効期限 1ヶ月※新たにポイント購入すると残ポイントも有効期限1ヶ月に延長更新
講師の国籍 日本人講師
営業時間 平日15:00~24:55|土日11:00~24:00
予約 3時間前まで(直前でも空きがあれば可)|キャンセル:2時間前まで
無料体験 650ポイント分※受講可能回数1〜2回(講師による)

Worldtalk(ワールドトーク)の特徴は、講師が全員日本人であるということ。英会話なのに日本人講師?と思う方もいるかもしれませんが、文法や英語の細かいニュアンス、発音といった部分に関しては、ネイティブに英語で説明されるより日本人やバイリンガルな講師に日本語で教えてもらった方が圧倒的に早く理解できます。3,000円(税別)のコースで週1~3回受講できます。予約は3時間前までですが、空いている講師がいれば「今すぐレッスン」で直前に申し込むことも可能。

タイプ別比較ランキング

大手スクールは文法教材のクオリティも高い

公園で本を読むカラフルな服を着た女の子

オンライン英会話スクールはたくさんありますが、基本的には大手スクールの方が教材のクオリティが高いということが言えます。

あまり有名でないスクールの中には、大手との差別化を図るために教材の質を高くしていることもあるかもしれませんが、小さいスクールだと講師数が少なく予約が取れなかったり、講師のレッスン経験が浅くスムーズな進行ができないといったデメリットになる部分が目立つことも。

その点、名前を聞いたことのある大手オンライン英会話であれば、講師数が多く教材も作りこまれていて完成度が高いことが多く、さらに月額料金も比較的安いことが多いためコストパフォーマンスに優れていることがほとんど。

慣れてくればマイナーなスクールの強みを見て選んでもいいかもしれませんが、オンライン英会話初心者の方や、文法教材を使用してレッスンを受けるのであれば最初は大手スクールの中から選ぶのが間違いありません。

以下、上記比較ランキング3社で使用する【文法教材】を少し紹介したいと思います。

レアジョブ英会話の豊富な文法教材

レアジョブ文法教材一覧
レアジョブ文法教材一覧(一部抜粋)

大手オンライン英会話スクールであるレアジョブ英会話は、レッスン教材の質が高く文法教材も豊富に用意されているのが特徴。業界最大手のオンライン英会話スクールなので、痒い所に手が届くようなサービスを提供しています。

文法教材のレベルも幅広く、中学校で習うような初級レベルから中上級者向けレベルまでしっかりと学ぶことができます。各レベルごとに体系立てられたトピックで効率良く文法を学べるため、レアジョブ英会話はスピーキングだけでなく文法を学ぶのにもおすすめのスクールです。

「細かい部分を指摘するかどうか」といったこともレッスン時に選択できるようになっているので、「きっちり指摘してほしい」「細かいところはだいたいでいいからテンポよく進めてほしい」というように、自分のペースや性格に合わせたレッスンを受講できます。

DMM英会話の文法教材も充実している

DMM英会話文法教材
DMM英会話文法教材(一部抜粋)

DMM英会話の文法教材も充実しています。中学英語からしっかりと復習できるので、一から勉強し直したいという人にはおすすめ。

講師には色んな国の人がいるため様々な英語に触れることができ、講師数も多いのでマイナーなオンライン英会話スクールにありがちな「第一希望・第二希望」といった予約をしたり「希望の時間に予約が全然取れない!」ということもなく、24時間営業なので生活スケジュールに合わせやすいのが特徴です。

「色んな国の講師を予約して毎日1回25分のレッスンが受けたい」ということであればDMM英会話が一番おすすめです。月額料金も安いのでコスパのいいオンライン英会話スクールの一つ。

レッスン受け放題のネイティブキャンプ

ネイティブキャンプ文法教材
ネイティブキャンプ文法教材(一部抜粋)

ネイティブキャンプの教材は分かりやすく、サイトも見やすく作られているので初心者にもおすすめ。

そしてなんと言ってもネイティブキャンプの一番の特徴はレッスンが受け放題なこと。毎日何回受講しても月額料金は同じまま。講師の予約をする場合はコインが別途必要になってしまいますが、予約なしで空いている講師を選びすぐにレッスンが受けられるのでスキマ時間を有効活用することも可能です。

通常のレッスンと比べると文法教材を利用する場合は「学ぶことが決まっている」という部分が強いため、そこまでレベルの高い講師を探す必要はないかもしれません(文法を学ぶ場合は講師の質よりも教材自体の質が重要)。それよりも効率良く文法教材を進めていくためにはできるだけ多くレッスンを受けたいので、そういった意味ではレッスンが受け放題になるネイティブキャンプはおすすめです。

【文法を学ぶ】比較ランキングに戻る

オンライン英会話で文法を学ぶべきではない?

ビーチと本とサングラス

オンライン英会話の文法教材は初心者向けのものから中上級者向けレベルまで用意されていることが多く、「中学英語の文法からやり直したい!」「ある程度英語は話せるから文法をしっかり強化したい!」といった様々なレベルに対応できるようになっており、特に大手オンライン英会話スクールの教材はクオリティも高いのでおすすめ。

ですが、「オンライン英会話で文法を学ぶのは効率が悪い」という意見もあります。確かに文法は参考書などを使って自分ひとりでも独学で勉強できるものですし、英会話でのリスニングやスピーキングに慣れるためではなく、文法だけを効率良く学習したいのであれば参考書を見ながらコツコツひとりで学習するのもいいかもしれません。

ただ、独学だとどうしても「続かない」ということがあります。そういった点ではオンライン英会話を利用することで「レッスンが終わったら次回の文法トピックの予約を入れておく」というルーティーンが作りやすく、文法学習を習慣化しやすいというメリットがあります。

POINT

学習効率で言えば独学で参考書を使用するのもいいですが、長い目で見ると「文法を学びながら英語での会話にも慣れることができる」というオンライン英会話ならではの利点があるという部分にも注目です。

英文法学習は日本語でするべき?英語でするべき?

「英文法を学ぶ際は英語よりも母国語である日本語で考えた方が早く理解できる」と言われることもあります。細かいニュアンスなどを知りたいときには英語ではなく日本語で説明して欲しいという場合もあり、「日本語で言うとこういうイメージに近い」といった形で解説されることで分かりやすくなることもありますよね。ですがその反面、英語で文法を学ぶことによって「日本語に訳すことなく英語を理解する」という訓練にもなります。

もちろん全くの初心者という状態からいきなり英語で文法を学ぶには無理があり、そういった場合は日本語で書かれた参考書などを利用するべきでしょう。ですが、ある程度中学・高校英語を理解できる方は英語で文法を学んでみるのもおすすめです。

文法を学ぶなら世界中でベストセラーになっている「English Grammar in Use」がおすすめです。

全て英語で書かれていますがとても分かりやすく、絵などを見ながら視覚的にも理解できるようになっています。English Grammar in Useは種類が色々ありますが、こちらの青いものが一番最初に発売され、反響が大きかったため「初級者・アメリカ英語」などに特化したバージョンが発売されました。初めて購入するならこちらの青いものが一番おすすめです。

eBookで音声を聞いたりしながら学習を進めることができるのでリスニングにもよく、英語を第二言語として学ぶ世界中の人に愛用されています。

文法を学ぶのにおすすめのオンライン英会話比較ランキングまとめ

朝食とスケジュール帳

  • 文法は参考書を使って学ぶのも効率がいい
  • オンライン英会話を利用することで文法学習を習慣化しやすくなる
  • 大手スクールの文法教材は完成度が高い

英語は慣れることが一番大切。そのためにも日々コツコツと続けるのが一番の近道になるので、「文法の勉強をしようと思っても今までは全然続かなかった」という方はオンライン英会話の文法教材を利用してレッスンを受けてみるのも一つの手かもしれません。

以上、文法教材がおすすめのオンライン英会話比較ランキングとオンライン英会話での文法学習についてでした。

【文法を学ぶ】比較ランキングに戻る


Posted by eigo-talk.com