【自分でできるフォニックス!】Youtubeを使った英語発音のおすすめ練習方法シャドーイング

2017年10月26日英語学習法効率UP, 発音

YouTubeを開いたスマホ

英語発音の練習というと、英会話スクールに通って外国人ネイティブの先生の指導を受ける必要があると考えている人は多いのではないでしょうか。

ネイティブ講師に教えてもらうのもいいかもしれませんが、ネイティブの先生のレッスンは高額なことが多いですし、何よりネイティブに教わったからといってネイティブレベルの発音になるとは限らないんです。

自分でできる!英語発音のおすすめ練習方法

フリートークをする2人の女性

英語の発音を学ぶには色々な方法があります。

その中から、安価に自宅で簡単に始められるおすすめの発音練習方法をご紹介します。

カタカナ英語が通じない?日本語訛りでも通じる英会話のコツ

1 フォニックス(Phonics)を学ぶ

まず第一におすすめなのがフォニックス(Phonics)を学ぶということです。

フォニックスというと、英語を母国語とする国でも幼児期頃から学ぶアルファベットの発音方法で、単語の読み方を学ぶ代表的な方法です。

Phonics

例えばBを「ビー」と読むのではなく「ブッ」、Iを「イ」、Gを「グッ」(これらの音はカタカナでは表せないので、正確ではありませんが、イメージとして)、3音合わせて「ビッグ」になる、という考え方です。

フォニックスを知っていると、そのルールにしたがって多くの単語を初見でも発音することが出来ます。

ただし、サイトワードといって、そのルールにのっとっていない、つまり読み方を知らないと発音できない単語も多くあります。正しいフォニックスの音を知っていると、一語一語正しく発音する意識がうまれます。

2 Youtubeを利用する

フォニックスは音声とともに学習する必要があるので、一番簡単でおすすめな方法がYoutubeです。

Youtubeで「フォニックス」「phonics」と検索すると多くのビデオがヒットします。その多くが子供向きではあると思いますが、ここは学習のためなのであまり気にせず。

以下、例としてYoutubeのフォニックスおすすめ動画をいくつか載せておきます。

3 フォニックスDVDを購入する

家にお子様がいらっしゃる場合はフォニックスのDVDを購入することを考えてみてもいいかもしれません。

私のおすすめはLeap Frogの「Letter Factory」で、子どものために流していたのですが、繰り返し観る(聞き流すことが多かったです)ことで正しい英語の音を学びなおすことが出来ました。正しい音を知ることが英語発音練習の第一歩です。

第二段階として、フォニックスを意識しながら単語を音読します。

私のおすすめはDr.Seussシリーズです。ライミングといって、韻をふんでいるのが特徴の本が多いですが、子ども向きの簡単なものが練習用には良いと思います。たとえば”HOP ON POP”などです。

韻をふんでいるので、語尾は同じ音でも初めの子音1音だけで全く別の音になることがよく分かり、1音1音丁寧に発音する訓練には最適です。

わざわざ購入してまで用意するのも…というのであれば、お手持ちの教材や本の中から出来るだけ簡単な内容のものを選ばれると良いと思います。

4 発音記号を理解する

数学書と方眼紙とペン

英語の辞書を引いたりウェブ英語辞書を見てみると、単語について発音記号が掲載されていることがほとんどです。

この発音記号は、「この単語はこうやって発音します」と教えてくれている優れたもの。ですがその発音記号が読めなければ、そこに答えが書いてあるのに理解できないというもったいないことになります。

発音記号は少し勉強すればすぐに読めるようになります。ネットで検索してみると分かりやすく解説してくれているものがあるので探して勉強してみてください。

例えばこちらに掲載されているものが分かりやすいのでおすすめ。

A はエアと発音する /ӕ/ アのようなエ
cat /kӕt/  map /mӕp/など「a」のスペルで表されることが多いです。 /ӕ/はaとeがつながって1つになってる。
アのようなエという意味です。アみたいに口を大きく開けてエと言います。catはkyatだと思ってる人もいるかもしれません。yなんて音はどこにも入っていません。k→ӕ→tの発音(ケアッ)です。キャットじゃない。

風鈴さんのおぼえた日記 – 2016年9月8日(木)|語学学習コミュニティ ゴガクル

小さい子供は聞いた音をそのまま発音することができると言われていますが、大人はこうして頭で理解してから発音するのが一番効率がいいのでしょう。

5 Google翻訳を使う方法

タブレットとキーボード

他にもGoogle翻訳を使う方法もあります。

英語の音声から日本語に翻訳する設定にしておき、実際に自分が単語を発音してみて、Googleが正しい日本語に訳してくれるか確認することが出来ます。

100%完璧な精度というわけではないですが、かなり参考になります。

6 シャドーイング

部屋でリラックスしながらノートパソコンを開いて本を読む女性

最後にシャドーイングも非常に有効でおすすめです。

これは、単語1語1語だけでなく、英語を相手に伝えるという点で非常に重要なイントネーションを学べるということです。

シャドーイングとは、洋画や英語の動画、教材などなんでもいいので、音声が聞こえたらその声ににかぶせるように少し遅れて同じことを発音する(話す)練習です。

実際に外国の方と話すときには、単語の音だけでなく「単語や文の中でどこを強めるのか・弱めるのか」といったアクセントが重要になるので、シャドーイングはかなり有効な練習方法です。

音声付のお手持ちの教材があればどれでも練習になりますし、こちらもYoutubeを使えば自動で英語字幕を表示させることができるビデオが多くあるので、後から内容を確認することが出来ます。

まずは無料のツールを利用して始めるべき

窓辺で膝にノートパソコンを乗せる女性

いきなり教材を購入しても、続けることが出来なければ余計にモチベーションが下がることもあります。

なのでまずはYoutubeなど無料のツールを使って、お気に入りのコンテンツを見つけることがおすすめです。

以上、英語学習におすすめの発音練習方法についてでした。


Posted by eigo-talk.com