日本人が英語を話せるようになるためには「聞き流す」だけじゃダメ!

2017年12月28日英語学習法効率UP

ヘッドホンを首にかけた女性

口コミ体験談投稿者:85さん(30代主婦)

「英語を勉強したい」「話せるようになりたい」と考えている人は多くいると思います。

転職や会社で必要だったり、大学受験の英語も四技能を求めるように変化してきたりと、受験英語だけに取り組んでいた頃とは大きな変化があります。

もちろん、旅行に行ったときに少しでも話せたほうが楽しいだろうな、という目標の人もいますよね。

そこで、日本人が英語を話せるようになるために、何から始めればいいのか、どのように続けていけばいいのか、簡単にご紹介したいと思います。

英語は聞き流すだけで話せるようにはならない

パソコンの前で肘をついて悩む男性の横顔

まず、一番初めに一番大事なことをお伝えしたいです。それは、語学習得はラクして短期間で出来るものではないということです。

よく「〇日間で~できる」「聞き流すだけで~」というようなものを目にします。確かに復習用や概要を学ぶために有効だとは思います。しかし、それを終えた時点で、「完璧!」になれるわけではありません。

ただし、苦労して苦労して習得するものでもないと私は思っています。

英語とは人とコミュニケーションをスムーズにするためのツールです。なので、楽しく継続して学習するものです。

勉強法はいろいろありますし、本やインターネットで山ほど見つけられると思いますが、自分が楽しく継続できる方法が見つかれば、(あわよくば習慣にしてしまえば)しめたものです。

日本人が英語を話せるようになるために

木の柵にもたれてこちらを見つめる白いカーディガンを着た女の子

大切な心構えは恥ずかしがらないこと。

文法などの学習と違って、話せるようになるためには、実際に声に出すことが大切です。

個別以外の語学スクールの場合、気になるのが他の生徒の目。間違えても恥ずかしくない。質問しても恥ずかしくない。そう思っている人のほうが何倍も得です。

分からないことは何でも聞いてその場で解決、家に持ち帰って一人で調べるような時間の無駄はしない。話せるチャンスがあれば、どんどん発言してみる。

「誰か話し出すかな」なんて迷っている時間がもったいないし、実際に発言した人は、他の人よりも練習量が多くなります。

当たり前のようですが、お互いに遠慮しあう日本人。こういう場面を多く目にしました。

他の人に疎まれる態度はよくないですが、積極的に沈黙を破ることは講師、生徒、お互いのためにもなります。

オンライン英会話がおすすめ

部屋でリラックスしながらノートパソコンを開いて本を読む女性

人前でどうしても間違えるのが恥ずかしかったり、初心者だからグループレッスンに行く勇気が出ない、という人におすすめなのがオンライン英会話です。

通学性のスクールより、割安なスクールが多く、受講時間も早朝から深夜までと幅広いです。

一番の利点はマンツーマンレッスンなので、間違えても恥ずかしくないですし、レッスン内で話せるのは講師と自分だけなので、レッスン時間を最大限に活用することが出来ます。

【オンライン英会話比較表】ランキングであなたにおすすめのスクールがすぐ見つかる!

NHKラジオ英会話

人といきなり話すのはマンツーマンでも自信がない、という人は、まずはNHKラジオ英会話がおすすめです。

様々なレベルがあるので、自分に合うものが見つけられると思いますし、ラジオの音声に合わせて、自分が実際に話してみるようなレッスンもあるので、自然な会話文を練習することが出来ます。

そして、ラジオを聞き終わった後には、自分ひとりで会話文を、少なくともスムーズに読めるまで、繰り返し音読してみましょう。まずは、英語を発することに慣れるのが第一歩です。

ラジオ英会話|NHKゴガク

独り言を英語で言う

ちなみに、私は独り言は英語で言うようにしています。

レッスンの中だけでは気づかない、自分の言いたかったこと、知らなかった単語に出会えます。

英語で言えなかったことは、すぐに電子辞書や携帯電話で調べ、一日の最後に全てノートに書き写します。そのノートは実際に自分の生活に密着した単語ノートになるので、テキストや市販の単語帳よりも、ずっと頭に残っています。

ツイッターで英語独り言アカウントを作って毎日何回つぶやく、と決めるのもすごく効果があります。

英語は「習慣化」した人の勝ち

森の中でコーヒーを片手に持つ女性の後ろ姿

英語学習は「習慣化」した人の勝ちです。

POINT

  • 毎日〇時からレッスンを受ける
  • 〇時のラジオを聴く
  • 〇時に洋書を読む
  • 出勤中はテキストのCDを流す

(〇〇の前にする、など時間刻みでなくても構いませんが)など、英語学習を当たり前にすることが最良の道です。

そして、全てに共通するのが「恥ずかしがらないこと!たくさん喋ったほうが得!」これに尽きます。

「簡単な方法」はないけど「楽しい方法」はある

公園で本を読むカラフルな服を着た女の子

私は残念ながら「英語を話せるようになるための簡単な方法はない」と思っています。ただし、楽しめる学習方法はあります。

まずは自分の好きなもの、興味のあるものを英語で楽しみましょう。読書、映画鑑賞、音楽鑑賞、ゲームなど、なんでも構いません。

時間の許す限り、語学スクールやオンラインレッスン、ラジオ以外でも、何か自分の好きな方法で英語に触れる楽しみを見つけましょう。

自分のレベルよりも少し簡単な洋書を読んでみたり(Penguin Readersなど、英語学習者用の薄いものがおすすめです)、洋楽を聴くだけではなく、歌詞カードを見ながら覚えるまで何度も歌ってみたり、英語に触れる時間が長ければ長いほど良いです。英語の音、リズムに慣れるためです。

英語を「話せる」ようになるためというよりも、会話を続けるためには「リスニング」も必須なので、発話することと同時に耳からの学習も同時進行で行いましょう。

そして、なにより実際に英語を口に出すこと。独り言も英語です。オンラインレッスンは毎日でも受けられるスクールがあるのでおすすめです。


Posted by eigo-talk.com