【英語で”お尻”って何て言うの?】お尻を意味する色々な言い方・使い方

英語ワンフレーズ

ジーンズのポケットに入れた手

投稿者:sakura

今回は色んな「お尻」をあらわす英単語をご紹介したいと思います。

「お尻」をあらわす様々な英単語

「hip」:日本でよく使われているhipの意味と使い方

英語でお尻と言えば日本では「hip(ヒップ)」という単語がよく聞かれますよね。ですがhipは実は「お尻」ではなく「脚の付け根側面」の部位であって、「お尻」というイメージで使われることはほとんどありません。

「hands on hips」で両手を腰に当てるポーズになります。また、服のサイズを測るときヒップと言えば「腰骨の少し下、外周が一番膨らんでいる部分」を指します。

ヒップの採寸
パンツサイズガイド|タカシマヤファッションスクエア

「buttocks」「bottom」:フォーマルな言い方

フォーマルな場で使われる「buttocks」整体師やお医者さんが説明するときに使う「臀部(でんぶ)」のようなフォーマルな言い方です。

日本でもそうですが、友達との会話で「臀部(でんぶ)」という言葉を日常的には使いませんよね?それと同じでbuttocksもあまり聞くことのない言葉です。

比較的フォーマルなお尻の言い方として、もう一つ「bottom」という言葉もあります。こちらはイギリス英語の影響を受けている国で使われる言い方。

「ass」「butt」:スラング・下品な言い方

お尻のことを少しやんちゃに言うのが「ass, butt = ケツ」という言い方。

「butt」はまだ少し軽い感じで日常的に使われていて、タバコの吸い終わった後のお尻の部分を「cigarette butt」と言います。

「ass」はさらに下品な言い方で、使い方には気を付けなければいけません。

ass の意味と使い方【英語スラング】

「bum」:主に子供が使う言葉

「bum」は、主に子供が使ったり親が子供に対して使う言葉ですが、大人でも使うことがある「ちょっとかわいい感じの言い方」です。2回繰り返して「bum bum」と言うことも。

子供が「お尻フリフリする」と言うときは「shake my bum」というような使い方をします。

「rear」「backside」:少し言い含めた言い方

「rear(後ろ)」「backside(後ろ側)」というような言葉を「お尻を意味する言葉」として使うことで、直接的な表現を避け少しカジュアルに伝えることができます。

誤解を生みそうな言葉はあまりはっきりと言うのではなく、少し丁寧に言い含める方が上品なのは日本でも同じですよね。

まとめ

湖の前で写真を撮る女の子の後ろ姿

お尻には色んな言い方がありますが、それぞれシチュエーションによって使われる言葉が違います。

基本的には「backside」のような当たり障りのない言い方が無難ですが、仲のいい友達同士であれば「butt」のような砕けた言い方をすることが多いのではないでしょうか。

もちろん相手によります。相手が綺麗な言葉で話す人なのに、いきなりこちらが「ケツ」なんて言葉を使うのはおかしいので、使う場面や相手によって変えましょう。

以上、英語で「お尻」を意味する言葉やスラングでした。


Posted by eigo-talk.com