オンライン英会話は通学タイプのスクールより比較的安価で、より頻繁にレッスンを受けることが出来ます。

フリートークやTOEIC対策、文法指導など、様々なコースやレッスンを選べることもあり大変人気です。

私は毎日25分のレッスンを受講することが可能なDMM英会話に入会していたので、そこでの経験を踏まえて効率よくオンライン英会話を受けるために意識することをいくつかご紹介したいと思います。

効率よくオンライン英会話レッスンを受講するために

初めての先生の場合はフリートークを選んではいけない

まず担任制ではないので、新しい先生の場合は必ずと言っていいほど自己紹介から始まります。

同じことを何度も言って繰り返すので、スムーズに自己紹介が出来るようになるのは確かに良いことですし、英会話スクール以外で誰かと初めて話す時に自己紹介がきちんとできることは大切なことです。

ただし何度も言葉に詰まることなく出来るようになれば、25分という短いレッスン時間を自己紹介に使うのはかなりもったいないです。

基本的にはお気に入りの先生を何人かピックアップしておいて予約を取ることが多いのですが、自分の都合と相手の時間が合うとは限りません。初めての先生で予約を取る時は、絶対にフリートーク以外を取ることがおすすめです。

特に目的が決まっておらず日常会話の練習がしたいと思い、フリートークを取る人も多いと思います。私もそうでした。でも初めての先生は別です。

全ての先生がフリートークでどんどん話題を振ってくれるおしゃべり上手な先生とは限りませんし、こちらもいつもいつも何かトピックがある訳ではありません。何せ毎日レッスンが出来るのですから。

テーマレッスンで選ぶトピックはニュースや電話の受け答えや旅行英会話など、なんでもいいのです。それが会話のきっかけにもなります。

自己紹介の繰り返しと、そこから話題が広げようとするとついついいつも使う表現や単語が限られてしまいます。語彙を学ぶためにも、ぜひレッスンテーマを選択してみることがおすすめです。

宿題を出してくれる先生について

もう1点は宿題についてです。

担任制ではないオンライン英会話では宿題を出されることは非常にまれです。ただし、中には結構ガチガチのレッスンをして「これが宿題ね」と伝えてくれる先生もいます。会話を楽しむだけでなく、きっちり勉強したい!と思っている時は、こういう先生はとてもありがたいのです。

ただ残念ながら、真面目に宿題に取り組み日程をあけずに再び同じ先生のレッスンを予約しても、先生のほうから「この間の宿題だけど」と話を振られることは一度もありませんでした。

たくさんの生徒を指導しているので覚えていないのは当たり前なのですが、一人ひとりの生徒が前のレッスンで何をしたか、などはもちろん確認出来ます。

最初の頃は「えっ、先生が宿題って言ったのに・・・」なんて受け身な考え方をしていましたが、慣れるとすぐ「先生がこの間、宿題って言ったことですけど」と自分から言いだすようにしました。

ちなみに長いエッセイなどの添削は難しいと思いますが、短い文章だとSkypeの文字でやりとりすることも出来るので、読みや発音の練習の宿題以外も出来ます。

オンライン英会話を効率的に受けるために、「初めての先生とはフリートークにせずテーマを選ぶ、「宿題などレッスン時間外の取り組みは自分から積極的に聞く、確認してもらう」ということを意識して、短いレッスン時間を効果的に活用していきましょう。