オンライン英会話口コミ体験談

口コミ体験談投稿者:ウエストさん(20代男性)

イングリッシュライブのレッスン受講体験談

イングリッシュライブの体験レッスンを受けて感じたレアジョブ英会話との違いについて書きたいと思います。

レアジョブ英会話との違いは大きく分けて2つあります。システムの構造的な違いとレッスンの受け方です。

イングリッシュライブとレアジョブの大きな違い

まず、1つ目の大きな違いは全体の構造の違いです。

レアジョブ英会話では毎日30分のレッスンを一日一回スカイプで受講するシステムとなっています。どのような教材を選んでも一日30分のレッスンを毎日受けることになります。

一方イングリッシュライブではレッスンの種類が大きく分けて3つ、

  • スクール
  • ライブレッスンのグループレッスン
  • ライブレッスンのプライベートレッスン

があります。

スクール

イングリッシュライブのスクールを利用すると、自分がやりたいときに英語の教材を選んで学習することができます。

レアジョブ英会話ではどのような教材を選んでも、毎日決まって30分のレッスンと固定されていて、一日に何回レッスンを受けるかで料金が違うのですが、イングリッシュライブではこのスクールを利用することで自分がやりたいときに英語の教材を選び学習することができるので、この点は最もレアジョブ英会話と構造的に異なっていると感じました。

レッスンの受け方

2つ目の大きな違いはレッスンの受け方です。

イングリッシュライブでは、レアジョブ英会話と同じように毎日約30分のレッスンを受けることができます。

しかし、この時イングリッシュライブでは毎日のレッスンとしてグループレッスンを数人の生徒と講師という構成で30分受けることになります。

レアジョブ英会話は生徒対講師の一対一の形で毎日約30分のレッスンをマンツーマンで受けるスタイルですが、この点はイングリッシュライブとレッスンの受け方が大きく違います。

また、イングリッシュライブでは毎日のグループレッスンに加えて、月に4回のプライベートレッスンも受けることができます。

システム面での違い

レアジョブ英会話では、レッスンを受ける際に必ずSkypeが必要になります。

一方でイングリッシュライブではSkypeは使わずに、AdobeFlashを使います。

これらの点でイングリッシュライブのレッスンはレッスンを受けるスタイルが大きくレアジョブ英会話と異なっていると感じました。

どちらがいいのか?

どちらがいいということではなく、どちらが好みかという問題になってくるのだろうなというのが正直な感想です。

どちらにもメリットデメリットはあるように感じたので、まずは無料体験レッスンを受けてみて自分に合う方を選ぶのがいいと思います。